より透明性の高い不動産情報を発信すべく、”住まい”を”テクノロジー”でサポートする「住まいテック研究所」の設立を決定いたしました。

本研究所においては、住宅用不動産領域におけるテクノロジーの活用・発展について最新の独自情報をもとにレポートや調査データを発信し、不動産取引の透明化と消費者の安心・安全な不動産取引の実現を推進することを目的としています。設立は2020年3月頃を予定しており、所長には当社代表取締役岡田和也が就任いたします。

活動は四半期に一度の情報発信を予定しております。情報発信内容は、不動産領域のテクノロジー活用の実態、不動産取引の透明化に関する実態、住宅用不動産に関する最新動向を中心としていきたいと考えております。

今後も、当社はより良いサービスの提供につとめるとともに、さらなる事業拡大、発展に邁進してまいります。